スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画談義

善き人のためのソナタ

今週も映画を何本か借りて見ました。
そんな中でも本命は「ヴェニスの商人」!
アルパチーノ大好きな私としては唾を吐きかけられる彼を見ずにはいられない!

でも、そんなに面白くなかったです。(ばっさり)
むしろ不快!不愉快!後味悪い!
そんな映画でした。
(それは私が無宗教だから?)

「ヴェニスの商人」にがっかりしつつも、「善き人のためのソナタ」を鑑賞。

私は、映画にそんなに詳しくないので、ジャケ借りをよくします。
ようは、ジャケットの印象で借りるわけですが。(レコードやくざみたいですね)

「善き人~」はなんか暗そうでマルコビッチみたいなおっさんが陰湿そうで、
いつも「保留!」してしまうDVDで、毎回棚に置かれてるのを横目で眺めるだけだったんですが、
い、や~借りてよかった。
やっぱり、美少年出てなくても良い映画は良いんですね~。
早く借りればよかったです。

アカデミー賞を受賞してるだけあって、ストーリーは◎。
ただ、カメラワークは普通かな~、音楽もソナタっつーくらいなんだからもっと聞かせろ!とは思いますが、なんといっても見所は家具!
家具が素敵です。
ヴィスコンティなんかの荘厳な家具もよだれがでますが、
ミッドセンチュリー系のヨーロッパの家具も頬ずりしたくなっちゃうくらい好き!


本棚が欲しい@P
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ふらんす堂スタッフ
小さな出版社の日々つれづれを、スタッフ持ち回りで書いています♪

blogpet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。