スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の怪談

ご無沙汰してしまいましたこんばんは、燕です

さてみなさま東京堂のふらんす堂フェアに行かれた方はいらっしゃいますでしょうか。
私は先週行ってきたのですが
ぎっしり、てんこもり.。゚+.(・∀・)゚+.゚ て感じでしたね。
みっちりふらんす堂です。まだ見ていなくて行ける距離にお住まいの方はぜひどうぞ。

久しぶりにお題を出してみよう…
公式から引っ張ってきたのですが「怖い話、教えてください」。
怖い話持ってない、と言う方はそういうのが苦手かそうでないか、などでも結構です。

私はあまり霊感的なものはないのですが、怖い思いはわりとしている方です。
大分前になりますが、まだ実家に住んでいた頃、東京に遊びに来てホテルに泊まりました。
朝の半覚醒状態の時に、バタンとドアの開く音がして母子連れが部屋に入ってきたのです。
当然ながら部屋の鍵はかけていました。そしてお約束のように金縛り。

寝ている状態なのですがお母さんの方は髪をうしろでひとつに束ねた20代ぐらいの若い人で、
子供の方は5~6歳くらいの半ズボンをはいた男の子、というのが目で見たようにわかりました。
「あ、やだな、これはまずいな……」と思っているうち母子連れは私の寝ているベッドに近づいてきました。
お母さんの方がはいているスリッパがぺたぺたいう音も聞こえました。

そして足元の方に2人が立ったと思った瞬間、子供の方がぐわ──────っ!!と大きくなり
覆い被さるように私の上に乗っかってきました。

ぎゃああああああああああああああああああああああ!!!! (((((゚Д゚)))))

声にならない声を上げ、必死で体を動かしたら急に金縛りが解け、体も動きました。
同時にそれまで部屋の中に渦巻いていた黒い霧のようなものがざあっ、と晴れました。

こわかった……(;ω;)
泊まっていた部屋に縁のあった人たちなのかどうか、そんなことはわかりませんが
「なにかあった部屋」には額の裏にお札が貼ってあったりする、と聞いたので
ひっくり返して見たりしなくてよかった、と思った次第です。

そういうときには念仏をとなえたりする人が多いようですが
私はカトリックなのでお祈りを唱えています(´ω`)
怖い時苦しい時だけの神頼みになりがちで申し訳なく思っております。

   燕@怖い話好きだけど後から怖がるタイプ


スポンサーサイト
プロフィール

ふらんす堂スタッフ

Author:ふらんす堂スタッフ
小さな出版社の日々つれづれを、スタッフ持ち回りで書いています♪

blogpet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。