スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢は何故か行ったことないコミケの夢。



|ω・)

|ミ サッ

|・ω・))<遅ればせながら…


新年明けましておめでとうございます
今年もふらんす堂をよろしくお願いいたします。


時々回遊してきてはこっそりぴちぴちとブログを更新します
ふらんす堂のまぐろ担当、燕ですこんばんは

明日から業務も再開いたします
早く休みボケを直したいです。
そんな私の正月休みはTVざんまい。
もともとTV好きなのですがこのお休みで印象に残った番組のお話を。

年明けに某国営のBSでやっていた「SHERLOCK」。
シャーロック・ホームズを現代版にリメイクした作品で、
ホームズがスマートフォンを使っていたりワトソンがブログでホームズの事件簿をアップしていたり
ジェレミー・ブレットのホームズを想像していると全てがひっくり返されるようなドラマです。

自宅に入っているケーブルTVでも予告をやっており、推理小説好きな私は気になっていたのですが
最初の印象は

(・△・)
ホームズの鼻がでっかい

そんな感じでした。ごめんなさい
実は私はドイルよりもクリスティ派だったのでホームズ作品はそんなによく知りません。
かつて図書館で借りて読んだ時も(作品名失念)ホームズがワトソンに向かって
「きみ、そんなことではね、”九仞の功を一簣に虧く” だよ」
とか言っていて実際

(´・ω・)…何いってだこいつ…

と思ったのが印象に残っているといったありさま。
図書館の本なので訳が古かったのかもしれませんが
他にも辞書を引かないと意味のわからない譬えや言い回しが用いられていて取っつきにくかったのです。
ちなみに上記は
九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)
=長い間の苦労や努力も、最後のわずかな失敗から不成功に終わることのたとえ
…らしいのですが私にはさっぱり何のことやらわかりませんでした。

さてドラマの方について、結論から言うと
面白かったっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ドラマが原作と違っていると、原作に思い入れが強い場合
違和感を抱いて「なんか違う」と思いがちなのですが
私は原作に対し前述の通りのスタンスだったのでそれがよかったのかもしれません。

見ている間中
(・△・)やっぱりホームズの鼻がでっかい
とぼんやり考え続けていたりしましたがとにかくホームズの
「神経質・変人」な感じは満載です。
実は『緋色の研究』とか読んでいなかったりするので読んでみようかな、とか
そんな気分になりました。

気になる方はチェックしてみてください。
現在SHERLOCK1が3作、SHERLOCK2が3作。SHERLOCK3制作中らしいです。
さて、原作好きの人はどんな感想を持つのでしょうか…
ちょっと気になる。


   燕@ミス・マープルはジョーン・ヒクソン派
スポンサーサイト
プロフィール

ふらんす堂スタッフ

Author:ふらんす堂スタッフ
小さな出版社の日々つれづれを、スタッフ持ち回りで書いています♪

blogpet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。